【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「家でバスケットボールの試合は見ない」

ヤニス・アンテトクンポ「家でバスケットボールの試合は見ない」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

MIPや2度のMVP、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、オールスターMVPと個人賞を総なめにし、アンストッパブルな選手となったアンテトクンポ。

彼がここまで成長できたのは、仕事をプライベートを切り離していることも影響しているのかもしれない。

アンテトクンポによると、仕事中はバスケットボールにひたすら集中しているため、家でバスケットボールについて考えることはないという。アンテトクンポのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(家で)メールは見ない。

携帯は自分の部屋に置きっぱなしにし、通知はオフにしている。

ソファに座って息子と一緒に過ごしているんだ。

バスケットボールの試合は見ない。

バスケットボールのことは考えない。

ガールフレンドや兄弟からたまにこう言われる。

「昨晩はワシントンが勝ったよ」とね。

僕は「ヘイ、家の中でバスケットボールの話はしない。僕の脳はバスケットボールのことばかりだ。だからこれ以上話す必要はない。僕が狂ってしまうだろ?」と返すんだ。

バックスは昨季のNBAプレイオフでマイアミ・ヒートに敗れたものの、今季はヒートをスウィープで下し、カンファレンスセミファイナル進出を決めた。

だが、次に対戦するのはNBAチャンピオン最有力候補のブルックリン・ネッツだ。

自宅で心身ともにリフレッシュしたアンテトクンポはバックスを勝利に導くことができるだろうか?

なお、アンテトクンポの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数614
平均出場時間33.036.3
平均得点28.123.5
平均リバウンド11.015.0
平均アシスト5.97.8
平均スティール1.21.8
平均ブロックショット1.20.8
平均ターンオーバー3.43.0
FG成功率56.9%45.0%
3P成功率30.3%6.3%
フリースロー成功率68.5%63.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA