【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチ「バッドショットをやめなければならない」

NBAキャリア3年目を迎えたダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、今季のMVP最有力候補のひとりだ。

現地23日の開幕戦では32得点を記録し、MVPの予感を感じさせたドンチッチ。

だが、勝負どころでスコアリングできず、3Pは6本すべてミス。

マブスもフェニックス・サンズに敗れ、課題の残るスタートとなってしまった。

ドンチッチによると、自身のショットセレクションが悪く、今後改善しなければならないという。ドンチッチのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はああいったバッドショットをやめなければならない。

最後の1本だけでなく、何本かバッドショットがあった。

僕にとって良いことではないし、チームにとっても良いことではない。

僕は変えなければならない。

そう話すドンチッチだが、NBA史に名を残した偉大なプレイヤーたちはバッドショットを決め、チームを勝利に導いてきた。

今回の結果に臆することなく、ドンチッチには積極的なプレイを続けてもらいたいところだ。

なお、ドンチッチの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数1134
平均出場時間36.032.8
平均得点32.024.8
平均リバウンド8.08.5
平均アシスト5.07.3
平均スティール0.01.0
平均ターンオーバー1.03.8
FG成功率42.3%
(11/26)
44.5%
3P成功率0.0%
(0/6)
32.0%
フリースロー成功率83.3%
(10/12)
73.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA