【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「レイカーになろうと思ったことは一度もない」

ラジョン・ロンド「レイカーになろうと思ったことは一度もない」

アトランタ・ホークスのラジョン・ロンドは、NBAキャリアを通してボストン・セルティックスとロサンゼルス・レイカーズでNBAチャンピオンになった偉大なポイントガードのひとりだ。

セルティックス離脱以降のロンドはNBAタイトルから離れてしまったものの、レイカーズでプレイした昨季はNBAタイトル獲得に貢献できるプレイヤーであることを改めて証明してみせた。

だが、ロンドがセルティックスのライバルチームであるレイカーズに移籍するのを快く思わなかったセルティックスファンもいたことだろう。

しかし、ロンドはレイカーズに身も心も染まるつもりはなかったのかもしれない。

「レイカーになろうと思ったことはある?」と質問されたロンドは、以下のように返答したという。fadeawayworld.netが伝えている。

レイカーになろうと思ったことは一度もないよ。

ただ、あの時(2018年夏)は2チームだった。

ひとつはニューオーリンズだったかもしれない。

「君はレイカーズに行くのか?」と聞かれるなら、イエスだ。

彼らは僕に金を積んでくれたからね。

結果、ロンドはセルティックスのライバルチームであるレイカーズと契約。

もしレイカーズ以外のNBAチームがロンドにオファーを出していれば、そのチームは偉大なポイントガードを獲得できていたかもしれない。

なお、ロンドの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数1874
平均出場時間15.031.0
平均得点12.010.2
平均リバウンド04.7
平均アシスト8.08.3
平均スティール01.7
平均ターンオーバー02.8
FG成功率62.5%45.8%
3P成功率66.7%31.7%
フリースロー成功率60.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA