【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール「この都市に別れを告げるとは思っていなかった」

2010年のNBAドラフト1位でワシントン・ウィザーズに入団し、ウィザーズ一筋のNBAキャリアを送っていたジョン・ウォールが、先日のトレードでヒューストン・ロケッツに移籍した。

ウィザーズのファンはウォールを常にサポートし、惜しみない愛を与え続けていたが、その愛は確実にウォールに届いていたようだ。

ウォールはロケッツへのトレードを受け、ウィザーズのファンに感謝の言葉を送ったという。TMZが伝えている。

やせ細った19歳の僕は大きな夢と目標を持ってD.C.に来た。

君たちは僕と僕の家族を両手を広げて抱きしめてくれたね。

初日から今に至るまで僕を支えてくれたんだ。

若いルーキーがオールスターになる。

僕は君たちの誇りになるためにベストを尽くしてきた。

ボストン(・セルティックス)との第6戦のような良い時も、怪我やリハビリをしている時も、いつも君たちの愛を感じていたよ。

君たちに感謝している。

僕はこれからもD.C.への愛を持ち続ける。

もう(ウィザーズの)ジャージーを着ることはないかもしれない。

だが、皆を代表していたことは決して忘れない。

この都市に別れを告げるなんて思っていなかったよ。

ありがとう!

ここ数年のウォールが怪我に苦しめられ、来季はNBAキャリア復活をかけたシーズンともなる。

同じく怪我に苦しめられ、NBAキャリア復活を狙うデマーカス・カズンズとのケンタッキー大学デュオでロケッツを牽引し、オールスターに戻ってきてもらいたい。

なお、ウォールのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
出場試合数573
平均出場時間35.9
平均得点19.0
平均リバウンド4.3
平均アシスト9.2
平均スティール1.7
平均ターンオーバー3.8
FG成功率43.3%
3P成功率32.4%
フリースロー成功率78.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA