【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド「NBAキャリアワーストのオフェンスだった」

アンドレ・ドラモンド「NBAキャリアワーストのオフェンスだった」

ロサンゼルス・レイカーズのアンドレ・ドラモンドは、現地13日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦でわずか4得点に終わった。

ドラモンドは2試合連続でダブルダブルを記録した後、2試合連続で一桁得点にとどまっている。

ここ2試合でわずか7得点と、リズムを見つけることができずにいるドラモンド。

安定しない要因について質問されたドラモンドは、以下のように返答したという。talkbasket.netが伝えている。

前にも言ったように、まだ(レイカーズのシステムを)理解しようとしているところだ。

オフェンス面で言うと、僕のキャリアにおいてワーストだったかもしれないね。

なぜここに来たのか、僕は理解している。

このチームをディフェンスで助けるためだ。

オフェンスについてはそのうちついてくるだろう。

チームに関して言うと、皆が健康を取り戻せば、機能する方法を見つけることができると思う。

なぜなら、毎晩異なる5人とプレイしているからね。

誰と一緒にプレイするか分からない状態では、ケミストリーは期待できない。

僕たちはディフェンスに注力し、勝利につながるようにしているんだ。

マーキーフ・モリスがホーネッツ戦を欠場したため、フランク・ボーゲルHCはテイレン・ホートン・タッカーをスターターに抜擢。

ドラモンドがレイカーズのユニフォームを着て出場した5試合のうち、同じスターターでプレイしたのは2試合となっている。

ドラモンドにとって初めてのことがあまりに多く、リズムを見つけるのに苦労しているのだろう。

ドラモンドがレイカーズのシステムに馴染み、自身のリズムを取り戻した時、レイカーズをスパークさせる働きを見せてくれるに違いない。

なお、ドラモンドのレイカーズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数5629
平均出場時間22.630.9
平均得点9.214.6
平均リバウンド9.213.8
平均アシスト1.21.3
平均スティール1.41.4
平均ブロックショット0.61.5
平均ターンオーバー3.02.0
FG成功率45.0%53.7%
フリースロー成功率62.5%46.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA