【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボールの移籍先最有力候補はブルズとニックス?

ロンゾ・ボールの移籍先最有力候補はブルズとニックス?

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、今季終了後に制限付きFAになる。

ペリカンズはニッケル・アレクサンダー・ウォーカーとキラ・ルイスJrの台頭を受け、先月の期限までにボールをトレードで放出すると噂されていた。

だが、NBAプレイオフ進出を狙うペリカンズはキャリアベストのパフォーマンスを見せているボールをトレードで放出せず、ロスターにキープ。

ボールはペリカンズ残留を希望し、フロントオフィスに「ここにいたい」と残留を直訴したというが、この夏にペリカンズを離れる可能性は高いと見られている。

そんな中、ボールの移籍先最有力候補として考えられている2チームが報じられれた。

New York Postによると、ボールの移籍先最有力候補はシカゴ・ブルズとニューヨーク・ニックスだという。

ブルズとニックスはボールをトレードで獲得するためにネッツペリカンズに接触したものの、実現には至らなかった。

特にブルズはボールのトレード獲得に向けて積極的に働き掛けたというが、今年のオフシーズンもボール獲得に注力するだろう。

一方、ニックスにはボールに大型契約をオファーする余裕があり、サラリー面で考えるとニックスにアドバンテージがあると見られている。

ただし、ボールは制限付きFAになるため、ペリカンズにはいかなるオファーにもマッチする権利がある。

だが、ウォーカーとルイスJrを重視するペリカンズは1シーズンあたり2000万ドル以上のオファーにはマッチしないという。

果たして来季のボールはどのチームのユニフォームを着てプレイするのだろうか?

なお、ボールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数41203
平均出場時間31.732.2
平均得点14.5
(キャリアハイ)
11.5
平均リバウンド4.2
(キャリアワースト)
5.7
平均アシスト5.76.4
平均スティール1.4
(キャリアワーストタイ)
1.5
平均ターンオーバー2.02.5
FG成功率42.4%
(キャリアハイ)
39.7%
3P成功率38.4%
(キャリアハイ)
35.2%
フリースロー成功率79.2%
(キャリアハイ)
54.7%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    「ロンゾ・ボールの移籍先最有力候補はブルズとネッツ?」→New York Postによると、ボールの移籍先最有力候補はシカゴ・ブルズとニューヨーク・ニックスだという。???
    「ブルズとニックスはボールをトレードで獲得するためにネッツに接触したものの、」→ペリカンズじゃなくて???

*

CAPTCHA