【スポンサーリンク】

ウォリアーズ トレードでヤニス・アンテトクンポ獲得を狙う?

ゴールデンステイト・ウォリアーズがもしドラフト1位指名権を獲得できれば、ミルウォーキー・バックスのMVPプレイヤー、ヤニス・アンテトクンポ獲得を狙うかもしれない。

the San Francisco Chronicleによると、ウォリアーズはドラフト1位指名権に加えてディアンジェロ・ラッセル、ドレイモンド・グリーンもしくはクレイ・トンプソン、エリック・パスカルやケボン・ルーニーといった若手をトレード要因とし、アンテトクンポ獲得を狙いにいく可能性があるという。

NBAを代表するスーパースターであるアンテトクンポをバックスが手放すとは考え難いが、バックスがアンテトクンポを満足させるだけのタレントを揃えることができず、タイトル獲得の可能性が感じられないなら、アンテトクンポは他チーム移籍を考え始めるかもしれない。

バックスとしてはFAで放出するより、トレードで見返りを得たいところであろう。

アンテトクンポがFAになるのは2021年夏。

それまでにさまざまな噂や憶測が飛び交うであろうが、まずはバックスの今季の結果に注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA