【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「ナゲッツファンは僕を愛し、憎んでいる」

カーメロ・アンソニー「ナゲッツファンは僕を愛し、憎んでいる」

ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーは、NBAキャリアを通して初めて古巣デンバー・ナゲッツとプレイオフで対戦した。

ナゲッツの一員として7年半を過ごし、ナゲッツファンを愛し、愛されたアンソニー。

だが、NBAプレイオフという大舞台での対決ということもあり、ナゲッツファンはアンソニーをブーイングで迎えた。

アンソニーはナゲッツとのファーストラウンド第1戦終了後、ファンからブーイングされた理由について質問されると、以下のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

その答えは分からない。

僕は7年半もの間、ここにすべてを捧げた。

デンバーを悪く言ったことは一度もない。

組織や選手たちを悪く言ったことは一度もない。

文句を言ったこともない。

僕はここデンバー・ナゲッツで生まれたようなものだ。

ここでキャリアが始まったし、ここは僕にとっていつだってスペシャルな場所さ。

クールだ。

僕は彼らを愛している。

ここには愛があるんだ。

彼らは僕を愛し、僕を憎んでいる。

僕にできることは何もないよ。

ただコートに出て、笑顔で楽しみ、バスケットボールをプレイしなければならない。

彼らが何を言おうと、言わせておこう。

僕が気にすることではない。

この日のアンソニーは4本の3ポイントを含む18得点を記録。

ブレイザーズも勝利し、上位チーム相手に先制することに成功した。

アンソニーは第2戦でもブーイングを浴びるだろう。

だが、アンソニーは愛するファンからのブーイングを楽しみ、エネルギーに換えるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA