【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ポール・ジョージはMVPレベルのプレイをしている」

ケンドリック・パーキンス「ポール・ジョージはMVPレベルのプレイをしている」

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、今季14試合を終えた時点でNBAキャリアベストに迫るパフォーマンスを見せ、チームを牽引している。

今季はプレイメイカーとしての役割も果たし、昨季の汚名を返上しているジョージ。

元NBAプレイヤーであり、レブロン・ジェイムスの熱心なサポーターであるケンドリック・パーキンスも、ジョージの活躍に舌を巻いているようだ。

パーキンスはジョージについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

クリッパーズの5連勝がすべて。

ポール・ジョージはMVPレベルでプレイしているし、クリッパーズはついに刺激的なバスケットボールをプレイするようになったんだ。

特に昨季のNBAプレイオフでは精彩を欠き、”プレイオフP”のニックネームをイジられたジョージ。

まだ15試合を終えただけではあるが、ジョージがこのパフォーマンスを継続することができれば、クリッパーズがフランチャイズ初となるNBAチャンピオンになる可能性は高まるだろう。

なお、昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズとユタ・ジャズが現地21日に白星を挙げたため、クリッパーズの順位はウェスタン・カンファレンス3位にダウンした。

クリッパーズは現地22日にオクラホマシティ・サンダーと対戦する予定だ。

ジョージの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数14666
平均出場時間34.433.5
平均得点24.420.1
平均リバウンド6.26.4
平均アシスト5.6
(キャリアハイ)
3.4
平均スティール1.21.7
平均ターンオーバー3.92.6
FG成功率51.4%
(キャリアハイ)
43.5%
3P成功率50.5%
(キャリアハイ)
38.4%
フリースロー成功率91.0%
(キャリアハイ)
84.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA