【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ザック・ラビーンはナンバー1の男ではない」

NBAキャリア7年目を迎えるザック・ラビーンは、シカゴ・ブルズにおいて最も重要なスコアラーだ。

昨季はキャリアベストの平均25.5得点を記録し、オールスターレベルのプレイヤーに成長したラビーン。

だが、ブルズは新ヘッドコーチにビリー・ドノバンを起用したものの、ロスターはほとんど動かさなかったため、NBA2020-21シーズンも厳しい戦いを強いられると見られている。

そんな中、元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスがラビーンに言及した模様。

パーキンスによると、ラビーンはブルズを離れ、ナンバー2としてプレイできるNBAチームに移籍するべきだという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ザック・ラビーンのことは大好きだが、シカゴ・ブルズにいるべきではない。

彼には彼がナンバー2の男になるチームが必要なんじゃないかな。

私は彼がナンバー1の男だとは思わない。

彼は30得点を狙える選手さ。

だが、常に窮地を救うような男にはならないだろう。

ブルズはラビーンを重要なスコアラーとして見ており、トレードで放出する兆候は見られない。

ラビーンがFAになるのは2年後であり、それまではラビーンを中心としたオフェンスで戦うと見られる。

現在25歳のラビーンはナンバー1の男になるポテンシャルを秘めているようにも思えるが、やはりラビーンをサポートできるスタープレイヤーが不可欠となるろう。

ブルズは現状をどう把握し、これからどう動こうとしているのだろうか?

なお、ラビーンの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数60353
平均出場時間34.830.8
平均得点25.5
(キャリアハイ)
17.7
平均リバウンド4.8
(キャリアハイ)
3.6
平均アシスト4.23.6
平均スティール1.5
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー3.42.5
FG成功率45.0%44.7%
3P成功率38.0%37.5%
フリースロー成功率80.2%81.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA