【スポンサーリンク】

モントレズ・ハレルがレブロン・ジェイムスに接触したソロモン・ヒルのプレイに「バスケットボールのようなプレイではない」

モントレズ・ハレルがレブロン・ジェイムスに接触したソロモン・ヒルのプレイに「バスケットボールのようなプレイではない」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスが、現地20日に行われたアトランタ・ホークス戦で足首を負傷し、途中退場した。

ジェイムスはルーズボールの際にソロモン・ヒルと接触し、右足首を負傷。

レイカーズのモントレズ・ハレルによると、ヒルのプレイは危険な行為であり、オフィシャルはレビューすべきだったという。

ハレルはヒルのプレイについて次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

(ヒルのダイブは)バスケットボールのようなプレイではなかったと思う。

ルーズボールの時の行為ではない。

足に接触するのは避けるべきだった。

彼が故意にやったとは思わないが、レフェリーはレビューすべきであり、彼に通常のファウル以上の罰則を与えるべきだった。

コートを離れたジェイムスはレントゲン検査を受け、無期限で離脱することが明らかになった。

ジェイムスはSNSを通し、「チームメイトたちのために働けないこと以上に僕を怒らせ、悲しませることはない。今の僕は心も身体も傷ついている。今からリカバリーの道が始まる。すぐに戻ってくるよ」とコメントした。

なお、SNS上ではヒルの行為がダーティープレイだったと指摘され、批判が相次いでいるというが、ヒルは以下のように反論している。

ゲームを軽視したり、選手を故意に離脱させようとしたりすることは絶対にない。

彼はそれを理解してくれている。

僕にとってはそれが重要なことだ。

早く回復することを祈っている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA