【スポンサーリンク】

カイル・ラウリーが痛恨のターンオーバーのパスカル・シアカムに「そんなこともある」

カイル・ラウリーが痛恨のターンオーバーのパスカル・シアカムに「そんなこともある」

トロント・ラプターズは現地11日、イースタン・カンファレンス8位のニューヨーク・ニックス相手に善戦したが、勝利はならなかった。

2点差を追っていた終盤に同点のチャンスがあったものの、パスカル・シアカムが痛恨のダブルドリブル。

同点の大きなチャンスを逃すこととなってしまったが、リーダーのカイル・ラウリーによると、このターンオーバーのことは忘れなければならないという。

ラウリーはシアカムのターンオーバーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼はパスを狙い、リムに向かうことを決めた。

そんなこともあるよね。

ミスは起きてしまうものだ。

タフな状況だが、僕たちはこれにとらわれてはいけない。

彼はダブルドリブルしてしまった。

そういうことだ。

この日のシアカムはFG成功率27.8%(5/18)、3P成功率20.0%(1/5)とリズムを掴むことができなかった。

パスかドライブか迷いが生じたのも、ショットリズムを失っていたことが影響したのだろう。

シアカムには次のアトランタ・ホークス戦でラプターズを勝利に導くパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、シアカムの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数44320
平均出場時間35.427.4
平均得点20.613.9
平均リバウンド7.15.8
平均アシスト4.6
(キャリアハイ)
2.6
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
0.8
平均ターンオーバー2.11.5
FG成功率44.9%
(キャリアワースト)
48.9%
3P成功率28.6%32.4%
フリースロー成功率84.0%
(キャリアハイ)
78.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA