【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソン「デニス・シュルーダーはレイカーではない」

マジック・ジョンソン「デニス・シュルーダーはレイカーではない」

NBA連覇の期待がかかっていたロサンゼルス・レイカーズは、ファーストラウンド敗退という結果で今季を終えることとなった。

このオフシーズンはロスターを再編成し、NBAタイトル奪還に向けて進み始めると見られるが、去就が注目されているひとりがポイントガードのデニス・シュルーダーだ。

シュルーダーは先日、レイカーズと再契約を結ぶ可能性を示唆したものの、NBAレジェンドのマジック・ジョンソンはシュルーダーがレイカーズのポイントガードにふさわしくないと感じているのかもしれない。

AM 570 LA Sportsによると、ジョンソンはシュルーダーについて以下のように指摘したという。

シュルーダー、私は彼がレイカーだとは思わない。

これは僕の意見だ。

彼らが彼と再契約するか否かは分からない。

彼は勝利のメンタリティをもたらさないし、我々が求める姿勢を持っていないと思う。

彼にはこのシリーズでそれを示すチャンスがあった。

だが、彼はこのシリーズで失敗してしまったと思う。

ただし、もし彼がレイカーズに戻ってくるなら、私は彼をサポートするよ。

彼を応援する。

だが、私は彼がレイカーだとは思わない。

レイカーズはシーズン中にシュルーダーに対して4年8400万ドルの延長契約をオファーしたものの、シュルーダーはこれを拒否。

だが、シュルーダーはファーストラウンドで敗退した後、「すべてがうまくいけばここに戻ってきて、来季はNBAチャンピオンになれるだろう」と語っていた。

一方、レイカーズはサイン&トレードでシュルーダーを放出する可能性があるとも報じられている。

デイビス不在時はスコアリングによる貢献が期待されたものの、ファーストラウンド第4戦は8得点、第5戦は0得点と精彩を欠いたシュルーダー。

レイカーズはこの結果を受け、シュルーダーにどう対処するのだろうか?

なお、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードがトレードマーケットに出た場合、レイカーズはリラード獲得を狙うと見られている。

シュルーダーの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフスタッツは以下の通りだ。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数616
平均出場時間32.132.7
平均得点15.414.3
平均リバウンド3.53.0
平均アシスト5.82.8
平均スティール1.11.0
平均ターンオーバー2.71.7
FG成功率43.7%40.0%
3P成功率33.5%30.8%
フリースロー成功率84.8%84.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA