【スポンサーリンク】

ウォリアーズがラマーカス・オルドリッジのトレード獲得を検討?

NBA王座奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは、今年のNBAドラフト2位指名権を保有している。

ウォリアーズはインサイドの強化を最優先事項としており、現在はドラフト2位指名権をどう使うか話し合っているところだと思われるが、サンアントニオ・スパーズとのトレードも検討しているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウォリアーズはスパーズとのトレードでNBAドラフト2位指名権を放出し、ベテランビッグマンのラマーカス・オルドリッジ、および今年のNBAドラフト11位指名権を獲得するプランを検討しているという。

オルドリッジはミドルレンジジャンパーを得意とするビッグマンであり、ロブパスを受けてダンクを量産するタイプのプレイヤーではない。

オルドリッジのプレイスタイルは現在のNBAゲームにフィットしていないとも評価されているため、ウォリアーズがオルドリッジのトレード獲得に積極的になるとは考えがたい。

NBA2020-21シーズン開幕まであと約1カ月半。

ウォリアーズがFAマーケットとトレードマーケットでどう動くか注目が集まるところだ。

なお、オルドリッジの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数531003
平均出場時間33.134.4
平均得点18.919.5
平均リバウンド7.48.3
平均アシスト2.42.0
平均スティール0.70.7
平均ブロックショット1.61.1
平均ターンオーバー1.41.6
FG成功率49.3%49.1%
3P成功率38.9%31.2%
フリースロー成功率82.7%81.1%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これ実現したらスパーズはめちゃくちゃ前進しそう
    再建に踏み切るならオルド手放してワイズマン、エドワーズ、ラメロとかを取った方が良いしポテンシャルのある若手がスパーズに指名されればフランチャイズスターになる可能性は十分あると思う

*

CAPTCHA