【スポンサーリンク】

クリス・マリン「アンドリュー・ウィギンスをトレードすべきではない」

クリス・マリン「アンドリュー・ウィギンスをトレードすべきではない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは昨季中のトレードでディアンジェロ・ラッセルを放出し、2014年NBAドラフト1位プレイヤーであるアンドリュー・ウィギンスを獲得した。

ウィギンスはスーパースターへの成長が期待されたものの、NBAキャリアを通して安定したパフォーマンスを見せることができず、さらなる成長を疑問視する声も少なくない。

そのため、ウォリアーズはこのオフシーズン中のトレードでウィギンスを放出する可能性があると報じられているが、元ウォリアーズのNBAレジェンドであるクリス・マリンはウィギンスのトレードに反対のようだ。

マリンによると、ウィギンスはまだ若く、ウォリアーズでのシーズンがNBAキャリアの転換点となる可能性があるという。マリンのコメントをNBC Sports Bay Areaが伝えている。

彼より才能あるウィングプレイヤーを獲得できるとは思えない。

それに彼は若い。

アンドリュー・ウィギンスは人々が間違っていることを証明するだけでなく、彼自身を証明するだろう。

それにゲームを楽しみ始めるだろうね。

ミネソタでの彼は楽しんでいるように見えなかった。

ステフ(・カリー)、クレイ(・トンプソン)、ドレイモンド(・グリーン)ち一緒にプレイする楽しさ、エネルギー、情熱は知っての通りだ。

それが大きな理由さ。

ウィギンスはディフェンスを課題としているものの、ウォリアーズ移籍後はディフェンスの改善に取り組み、指揮官のスティーブ・カーHCはウィギンスの成長を感じていることを明かしていた。

スーパースタークラスのプレイヤーとのトレードの可能性があるならウィギンスを放出するだろうが、現時点でその可能性は低いと言えるかもしれない。

まだ24歳のウィギンスには偉大なチームメイトたちと共にプレイすることでNBAキャリアを転換させ、スーパースターに覚醒してもらいたいところだ。

なお、ウィギンスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数54454
平均出場時間34.435.8
平均得点21.819.7
平均リバウンド5.1
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト3.7
(キャリアハイ)
2.3
平均スティール0.8
(キャリアワースト)
1.0.
平均ターンオーバー2.42.1
FG成功率44.7%44.1%
3P成功率33.2%33.2%
フリースロー成功率70.9%73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA