【スポンサーリンク】

ウォリアーズのブラッドリー・ビール獲得のためのトレードオファーとは?

ウォリアーズのブラッドリー・ビール獲得のためのトレードオファーとは?

NBAタイトル奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、この夏にブラッドリー・ビールの獲得を狙うと報じられている。

ビールがウィザーズにトレードを要求することが大前提となるものの、もしトレードを要求すれば、ウォリアーズは積極的にアプローチするだろう。

そんな中、ウォリアーズがトレード要員としてオファーする可能性がある選手が伝えられた。

hoopsrumors.comによると、ウォリアーズはジェイムス・ワイズマン、アンドリュー・ウィギンス、NBAドラフト7位指名権、NBAドラフト14位指名権をパッケージにし、オファーする可能性があるという。

一方、ウィザーズは上記トレード要員に加え、2026年のNBAドラフト1巡目指名権を追加で要求すると噂されている。

ビールはウィザーズを離れる理由ではなく、ウィザーズに留まる理由を探しているというが、ビールにとって難しい決断となるのは間違いないだろう。

ちなみに、ビールは新ヘッドコーチにサム・キャセールの就任を望んでいたものの、キャセールが2度目の面談に進むことができなかったことに不満を持っていたと報じられている。

なお、ビールがトレードを要求した場合、ウォリアーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、マイアミ・ヒート、ボストン・セルティックス、アトランタ・ホークス、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ダラス・マーベリックスが獲得を狙うと見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA