【スポンサーリンク】

カール・アンソニー・タウンズがドレイモンド・グリーンに反撃

カール・アンソニー・タウンズがドレイモンド・グリーンに反撃

ミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズは先日、ロサンゼルス・レイカーズを勝利に導くことができていないNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックについて、「スタッツを追っている」などと批判した。

その後、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが反応し、タウンズについて「僕たちが残り2分で20点差もリードしていたのに、彼はコートから下げられなかった」などと指摘。

タウンズをベンチに下げなかったのがコーチのミスなのか、それともタウンズにダブルダブルもしくはトリプルダブルのチャンスがあったのかなのかは分からない。

そんな中、タウンズがグリーンの発言に反応した模様。

タウンズはグリーンの発言を受け、次のように反撃したという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がコーチだったとは知らなかったよ。

僕がコーチだったって?

残り2分で20点差の時、僕はゲームに残れと言われたんだ。

僕がコーチ?

ああ、僕はビル・ラッセルだ。

レディース・アンド・ジェントルメン、僕はビル・ラッセルだ。

僕がビル・ラッセルだということを忘れていたよ。

だが、聞いてくれ。

僕は敬意を欠いたことをするためにここにいるわけではない。

僕はそういったことをするためにここに来たわけではない。

花をもらうために来たんだ。

タウンズはウェストブルックを完全に否定したのではなく、「彼は素晴らしい選手」と称えてもいる。

タウンズの発言には賛否両論あるというが、これからもウェストブルックがいないところで議論が白熱することになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    タウンズも頑張れ

*

CAPTCHA