【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「僕たちにはやらなければならない仕事がある」

ジェイムス・ハーデン「僕たちにはやらなければならない仕事がある」

ブルックリン・ネッツはNBAオールスターガードのカイリー・アービングに対し、接種を受けない限り練習と試合に参加させないことを伝えたと報じられた。

アービングが接種を受ける兆候はまったくないため、ニューヨークの条例が解除もしくは緩和されない限り、ネッツはアービング抜きで戦わなければならない。

そんな中、NBAオールスターのジェイムス・ハーデンがアービングとネッツについて言及した模様。ハーデンのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

カイリーは彼の信念を信じており、しっかりと立っている。

僕たちはそれを尊重しているし、僕たち全員がカイのことを愛している。

だが、僕たちにはやらなければならない仕事があるんだ。

僕個人としては、チャンピオンシップに向けて準備を進めていきたい。

組織全体が同じ方向に進んでいると思うよ。

もしアービングを離脱させなかった場合、ハーデンとケビン・デュラントはシーズンを通してアービングに関する質問に答えなければならなかっただろう。

それが彼らの大きなストレスになる可能性があるだけに、ネッツの決定はそのことも懸念してのことだったのかもしれない。

なお、アービングにはトレードの噂が浮上しつつあるが、アービングはトレードされるならNBAを引退する可能性があると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA