【スポンサーリンク】

チャールズ・オークリーがパトリック・ユーイングをサポートし「敬意は失われた」

チャールズ・オークリーがパトリック・ユーイングをサポートし「敬意は失われた」

NBAレジェンドであり、ニューヨーク・ニックスのレジェンドであるパトリック・ユーイングは先日、古巣マディソンスクエアガーデンに入館しようとした際にセキュリティに制止され、入館証の提示を求められたことを明かした。

ユーイングはニックスの歴史において重要なひとりであり、ユーイングのジャージーは永久欠番ともなっている。

それゆえにユーイングはマディソンスクエアガーデンで働く人間が彼のことを知らないという事実に驚き、怒りを隠さなかった。

そんな中、ユーイングの元チームメイトであるチャールズ・オークリーがこの件に言及した模様。

オークリーによると、ニックスにおけるあらゆる問題の根源はニックスのオーナーであるジェイムス・ドーランにあるという。オークリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

あの男(ドーラン)は君(ユーイング)にDリーグの仕事をオファーした。

君の名前をリスペクトしていない。

なぜ今さら怒り狂っているんだい?

彼らが君にDリーグの仕事をオファーした時、君への敬意は失われてしまったんだ。

誰もニックスに来たいとは思わない。

ニューヨークに最近来た4人のことを考えてみてくれ。

彼らは全員ブルックリンにいる。

ニューヨークに足を踏み入れ、ブルックリンに行った。

KD(ケビン・デュラント)、カイリー(・アービング)、ジェイムス・ハーデン、ブレイク・グリフィンのことだ。

オークリーによると、ドーランのビジネスがニックスに悪いイメージを定着させてしまい、NBA選手たちから見向きされないチームになってしまったという。

オークリー自身もマディソンスクエアガーデンから締め出された過去があるため、ドーランに対して相当な恨みを持っているのかもしれない。

なお、ユーイングが公の場で怒りを顕にした後、ドーランはユーイングに電話し、謝罪したと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA