【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマス ピストンズ移籍前のデリック・ローズにアドバイス

今季からデトロイト・ピストンズでプレイしているデリック・ローズは、早くもファンのお気に入りのプレイヤーとなっている。

かつての爆発力は失われてしまったものの、前十字靭帯断裂という大怪我の後としてはキャリアベストのシーズンを送っているローズ。

これからもピストンズファンから大声援を浴びるであろうが、ピストンズのレジェンドであるアイザイア・トーマスによると、ローズがピストンズに入団する前に電話をかけ、ピストンズファンについて話をしたという。

ローズを幼少期時代から知るというトーマスは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼がデトロイトに行く前に電話をかけ、(ピストンズのスカウトの)ウィル・ロビンソンから言われたのと同じことを伝えたんだ。『デトロイトにいた時以上の愛をもらうことはないだろう』とね。デトロイトの人々は応えてくれるし、愛を与えてくれる。彼はそれ以上の愛を感じることはないだろう」

信じられないような復活劇を見せたローズには多くのチームが興味を持ち、ロサンゼルス・レイカーズなど復数のチームがトレードのオファーを出したと噂されている。

だが、ピストンズはローズを重要なプレイヤーとして位置づけており、トレードオファーに応じることはなかった。

シーズン中のトレードでアンドレ・ドラモンドを放出したピストンズにおいて、ローズは中心的役割を担い、古豪復活へと導いてくれるであろう。

なお、今季のローズは50試合に出場し、平均26.0分のプレイで18.1得点、2.4リバウンド、5.6アシスト、FG成功率49.0%(キャリアハイ)、3P成功率30.6%を記録。

キャリアを通してシカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ピストンズでレギュラーシーズン通算596試合に出場し、平均32.6分のプレイで18.8得点、3.4リバウンド、5.6アシスト、FG成功率45.6%、3P成功率30.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA