【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタムが復調の理由について「基本に戻った」

ボストン・セルティックスのオールスターフォワード、ジェイソン・テイタムは、オーランドでのシードゲーム初戦でFG18本中2本とショットタッチを掴むことができず、チームを勝利に導くことができなかった。

だが、シードゲーム2試合目となるポートランド・トレイルブレイザーズ戦では一転、FG22本中11本を含む34得点、4リバウンド、8アシスト、2スティール、1ブロックショットを記録。

シーズン中断前のようなパフォーマンスを取り戻し、セルティックスを勝利に導いた。

では、テイタムはなぜ急に調子を取り戻すことができたのだろうか?

テイタムによると、一度基本に立ち戻り、自身のプレイを映像などで再確認したという。テイタムのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

映像を見たのだけれど、僕はバランスを取らなければならなかった。

(ブレイザーズ戦では)バランスが取れていたと思う。

(バックス戦では)3Pシュートとプルアップ3Pをミスしたからね。

ただ基本に戻り、僕のルーティンを取り戻し、正しい方法でシューティングしただけさ。

テイタムによると、自身の問題を解決するためにトレーナーとFaceTimeで話し、間違ったフットワークによってジャンパーのバランスが崩れているのが分かったという。

その後、セルティックスのアシスタントコーチと共に修正に時間を費やしたというテイタム。

NBA屈指のスコアラーに成長したテイタムには常に厳しいマークがつくことになるだろうが、そのたびに基本に立ち戻り、成長につなげていくことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA