【スポンサーリンク】

ジャズが主力3選手のトレードを交渉か?

ジャズが主力3選手のトレードを交渉か?

ユタ・ジャズはこのオフシーズン中のトレードでNBAオールスターのルディ・ゴベアとドノバン・ミッチェルをトレードで放出した。

これによりジャズが再建期を迎えるのはほぼ確定したわけだが、ジャズはすでに次のトレードを交渉している模様。

RealGMによると、ジャズは主力のボヤン・ボグダノビッチ、マイク・コンリー、ジョーダン・クラークソンのトレードを交渉しているという。

また、ジャズのダニー・エインジはルディ・ゲイとマリク・ビーズリーの市場価値を計るため、マーケットを調査していると報じられている。

完全に生まれ変わろうとしているジャズは、トレードの見返りとしておそらく若手有望株やNBAドラフト指名権を要求するだろう。

ボグダノビッチのトレードについてはすでにフェニックス・サンズと交渉しているというが、その他の選手の去就についても注目したいところだ。

なお、昨季のボグダノビッチ、コンリー、クラークソンのスタッツは以下の通りとなっている。

B・ボグダノビッチM・コンリーJ・クラークソン
出場試合数697279
平均出場時間30.928.627.1
平均得点18.113.716.0
平均リバウンド4.3
(キャリアハイ)
3.03.5
平均アシスト1.75.32.5
平均スティール0.51.30.8
平均ターンオーバー1.71.71.6
FG成功率45.5%43.5%43.9%
3P成功率38.7%40.8%31.8%
フリースロー成功率85.8%79.6%82.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA