【スポンサーリンク】

カイリー・アービングのエージェント「このストーリーがどこから来ているのか分からない」

カイリー・アービングのエージェント「このストーリーがどこから来ているのか分からない」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターフォワード、ケビン・デュラントは先日、オーナーのジョセフ・ツァイと面会し、「僕をトレードで放出するか、スティーブ・ナッシュHCとショーン・マークスGMを解雇するか」選択を迫ったという。

その後、デュラントのチームメイトであり親友のカイリー・アービングもデュラントに同意し、ナッシュHCとマークスGMを解雇すべきと考えているとされたが、その中でアービングがナッシュHCとマークスGMを「嫌っている」と報じられた。

だが、アービングのエージェントを務める継母がこれを否定した模様。The New York Postが伝えている。

このストーリーがどこから出てきたのか、私には分からない。

ただ、カイリーはスティーブとショーンを嫌っていない。

それは彼ではない。

彼は平和と愛、受容を大切にしているの。

ただし、アービングがナッシュHCとマークスGMの解雇を望んでいることには触れていない。

アービングのエージェントは「彼はナッシュHCとマークスGMの解雇を望んでいる?」と質問されると、コメントを避けたという。

いずれにせよ、「デュラントがナッシュHCとマークスGMの解雇を要求した」と報じられたことを否定する報道やコメントは出ていない。

オーナーのツァイはフロントオフィスに全幅の信頼を置いており、ナッシュHCとマークスGMを解雇することはないと見られているが、果たしてネッツは来季開幕をどのような体制で迎えるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA