【スポンサーリンク】

レジー・ミラーがニコラス・クラクストンに皮肉「どうせ外すのだから・・・」

レジー・ミラーがニコラス・クラクストンに皮肉「どうせ外すのだから・・・」

ブルックリン・ネッツは現地19日にフェニックス・サンズに敗れ、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラント離脱後の成績を4戦全敗とした。

この日はカイリー・アービングが復帰したものの、NBAオールスターのクリス・ポールとデビン・ブッカー不在のサンズに惜敗。

第4Qの猛攻により同点のチャンスを掴みかけたが、惜しくも届かなかった。

ニコラス・クラクストンが3点差を追っていた残り6.6秒、フリースローを故意に外し、リバウンドを狙ったが、ボールはリムに触れずバイオレーションとなってしまったのだ。

NBAレジェンドのレジー・ミラーはこれが気に入らなかったようだ。

ミラーはクラクストンが故意に外したフリースローについて、次のように指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

あんなことする必要はなかった。

普通にシュートしろ。

なぜなら、どうせ外すだろうからね。

もし普通にシュートしたとしても外しただろうが、ティップバックのチャンスが高まっただろう。

故意に外したのがジャック・ボーンHCの指示なのか、クラクストンの判断なのかは分からない。

だが、ジョー・ハリスのリアクションを見る限り、クラクストンの判断によるものだったと思われる。

クラクストンの今季のフリースロー成功率はNBAキャリアワーストの46.8%。

ネッツが白星を重ねるためには、ボーンHCによるより詳細な指示が必要なのかもしれない。

なお、サンズ戦のクラクストンのスタッツは以下の通りとなっている。

サンズ戦
出場時間35:15
得点20
リバウンド11
アシスト3
スティール1
ブロックショット3
ターンオーバー1
FG成功率75.0%
(9/12)
3P成功率0%
(0/1)
フリースロー成功率33.3%
(2/6)
+/-+7

【スポンサーリンク】

コメントを残す