【スポンサーリンク】

クリッパーズがルーク・ケナードをトレード?

クリッパーズがルーク・ケナードをトレード?

NBAキャリア5年目を終えたルーク・ケナードは、ロサンゼルス・クリッパーズにおいて重要なシューターのひとりだ。

2021-22シーズンはNBAキャリアベストとなる3P成功率44.9%を記録し、ポール・ジョージとカワイ・レナード不在時のクリッパーズを支えたケナード。

だが、クリッパーズはケナードをトレードで放出することを検討しているのかもしれない。

Heavy.comによると、クリッパーズはNBAドラフト同日に好条件のトレードがあれば、ケナードを放出する可能性があるという。

また、NBAドラフト当日に好条件のトレードを見つけることができなかったとしても、オフシーズン中に引き続きトレードの可能性を探ると報じられている。

クリッパーズはシーズン中のトレードでスコアリングに定評あるノーマン・パウエルを獲得。

また、来季はカワイ・レナードが完全復帰する予定であり、レナードの出場機会は減少する見込みだ。

ケナードはまだ26歳と若く、成長の伸び代があるため、特にフロアスペーサーを必要としているNBAチームにとって魅力的なオプションとなるだろう。

なお、ケナードにはクリーブランド・キャバリアーズが興味を持っていると噂されている。

ケナードの2021-22シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数70297
平均出場時間27.423.5
平均得点11.910.0
平均リバウンド3.32.9
平均アシスト2.12.0
平均スティール0.6
(キャリアハイタイ)
0.5
平均ターンオーバー0.90.9
FG成功率44.9%44.9%
3P成功率44.9%
(キャリアハイ)
42.5%
フリースロー成功率89.6%
(キャリアハイ)
86.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ケナード

    レナード完全復帰でレナードの出場機会が減るって
    ちゃんと見直してないでしょ(笑)

*

CAPTCHA