【スポンサーリンク】

デマー・デローザン「NBAキャリアを長続きさせる方法はたくさんある」

デマー・デローザン「NBAキャリアを長続きさせる方法はたくさんある」

デマー・デローザンはシカゴ・ブルズの一員としてプレイした昨季をNBAキャリア復活のシーズンとした。

キャリアベストとなる平均27.9得点を記録し、NBAオールスターにも返り咲いたデローザン。

デローザンによると、さまざまなテクノロジーが進化しているため、NBAキャリア14年目となる今季も衰えを心配していないという。

デローザンはNBAキャリアについて次のようにコメント。The Chicago Sun-Timesが伝えている。

テクノロジーはまったく異なってきている。

僕は(44歳で引退した)ケビン・ウィリスではない。

ケビン・ウィリスには敬意を表するよ。

ただ、自分自身をケアする方法はたくさんあ。

フィジカル、メンタル、栄養、リカバリーのテクノロジー。

キャリアをより効率的に長くできる方法はたくさんあるんだ。

「僕は14年目に入る。もしかしたら衰えてしまうかもしれないし、できないことが増えるかもしれない」というマインドは決して持たない。

そういったことは考えてもいない。

できる限り最高の選手になるために努力しているんだ。

レブロン(・ジェイムス)は20年目に入る。

正気の沙汰ではないよね。

彼とは同じような話をした。

僕は年を取ってもやれるということを人々に示したいんだ。

この車に車輪がある限り続ける。

この車輪が動かなくなるまで、僕は乗り続けるんだ。

デローザンによると、多くのNBA選手はワーウアウトの様子をSNSに投稿することを好んでいるが、デローザンは人目につかないところでトレーニングすることを望んでいるという。

ジェイムスやクリス・ポール、PJ・タッカーのような大ベテランが第一線で活躍している限り、デローザンが年齢による衰えを気にすることはないだろう。

なお、デローザンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数76957
平均出場時間36.134.3
平均得点27.9
(キャリアハイ)
20.8
平均リバウンド5.24.4
平均アシスト4.93.9
平均スティール0.91.0
平均ターンオーバー2.42.1
FG成功率50.4%46.5%
3P成功率35.2%
(キャリアハイ)
28.8%
フリースロー成功率87.7%83.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA