【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「僕は浮気常習犯だった」

シャキール・オニール「僕は浮気常習犯だった」

昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスは先日、ヘッドコーチのイメ・ユドカに1シーズンの停職処分を言い渡した。

セルティックスが外部機関に調査を依頼したところ、ユドカHCがセルティックスの女性スタッフと不適切な関係を持つなど、セルティックスのガイドライン違反が複数あることが判明したという。

だが、ユドカHCと女性スタッフが双方合意のうえで関係を持ったとされていることから、元NBA選手のポール・ピアースやリチャード・ジェファーソンなどは「処分が重すぎる」などと指摘。

では、NBAレジェンドのシャキール・オニールは、この問題をどう考えているのだろうか?

オニールによると、彼自身にユドカHCと同じような経験があるため、この議論に加わる資格はないという。オニールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はこの議論から身を引く。

僕は浮気常習犯だった。

その僕がここで立ち上がってあれこれ言うのはクレイジーだし、冒涜だ。

僕にはできない。

彼らのことは個人的に知っている。

彼らがたくさんのことに対処していることも知っている。

なぜなら、僕も経験したことだからね。

オニールによると、ユドカHCのガールフレンドであるニア・ロングとは古い付き合いであり、彼女は家族の問題に直面しているところだという。

自身の浮気によって家族と信用を失い、今も後悔しているというオニール。

ユドカHCはすぐにオニールに連絡し、今後の身の振り方についてアドバイスを求めるべきなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA