【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「人々が言うことは聞かない」

ジェイムス・ハーデン「人々が言うことは聞かない」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは、2011-12シーズンにシックスマン・オブ・ザ・イヤー、2017-18シーズンにMVPを受賞した偉大な選手のひとりだ。

だが、ここ数年はチームを勝利に導くパフォーマンスを見せることができず、批判を浴びている。

しかし、ハーデンによると、彼が今もNBAスターであることは数字が物語っているという。

ハーデンは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は人々が言うことを本当に聞かないんだ。

昨季の僕は正しくなかった。

それでもトリブルダブルに迫るアベレージを記録している。

もし他の誰かがこの数字を記録したら、その男はマックス契約が議論されるだろう。

人々は僕が平均40得点、30得点を記録するのに見慣れてしまったのさ。

だから、ダウンイヤーとして見られていた。

僕がフィラデルフィアで過ごしたのは数ヶ月であり、まだ学ばなければならなかった。

そういうことだ。

今の僕はフィジカルもメンタルも良い状態にある。

来季が楽しみだね。

ここ数年のハーデンはハムストリングに問題を抱えながらプレイしていた。

だが、今は完全に健康を取り戻したという。

シクサーズファーストの契約を結んだだけでなく、例年より早くトレーニングを開始し、すでに来季に集中しているハーデン。

もしハーデンがMVPシーズンのようなパフォーマンスを取り戻すことができれば、ハーデンとジョエル・エンビード擁するシクサーズは脅威のチームとなるだろう。

なお、ハーデンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数65942
平均出場時間37.234.6
平均得点22.024.9
平均リバウンド7.75.6
平均アシスト10.36.8
平均スティール1.31.5
平均ターンオーバー4.43.8
FG成功率41.0%44.2%
3P成功率33.0%
(キャリアワースト)
36.1%
フリースロー成功率87.7%86.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA