【スポンサーリンク】

一発退場のザック・コリンズ「ただシュートを撃たせたくなかっただけ」

一発退場のザック・コリンズ「ただシュートを撃たせたくなかっただけ」

サンアントニオ・スパーズのザック・コリンズは、現地26日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦でNBAスターのラッセル・ウェストブルックにエルボーを見舞い、フレイグラントファウル2で一発退場を強いられた。

額から血を流したウェストブルックが怒りに身を任せてコリンズに詰め寄った時、コリンズはウェストブルックの様子に少し困惑しているように見えた。

コリンズによると、あの場面ではスコアリングを許さないことが重要であり、ウェストブルックに怪我をさせるつもりはなかったという。

コリンズはウェストブルックとの件について質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はポンプフェイクに引っかかってジャンプすべきではなかった。

だが、やってしまった。

あの場面で最悪なのは、アンドワンを許すことだ。

だから僕は彼に向かっていき、彼の腕を叩いた。

ボールをリムに到達させないためにね。

残念ながら、僕のエルボーが彼の頭に当たり、彼は血を流してしまった。

ひどい状態のように見えた。

だが、正直に言うと、僕は何かをやろうとしたわけではない。

ただシュートを撃たせたくなかっただけなんだ。

ウェストブルックが激しく怒ってコリンズに詰め寄ろうとしたところ、NBAオールスターのレブロン・ジェイムスがすぐに割って入り、事なきを得た。

映像を見る限り、コリンズが故意にエルボーを見舞ったようには見えないが、コリンズとウェストブルックは次の対戦で激しいバトルを繰り広げるに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す