【スポンサーリンク】

ビリー・ドノバンHCがドノバン・ミッチェルのレギュレーション最後のフリースローに不満「明らかにバイオレーション」

ビリー・ドノバンHCがドノバン・ミッチェルのレギュレーション最後のフリースローに不満「明らかにバイオレーション」

クリーブランド・キャバリアーズのNBAオールスター、ドノバン・ミッチェルは、現地2日に行われたシカゴ・ブルズ戦で71得点を挙げる驚異的なパフォーマンスを見せ、チームを勝利に導いた。

ミッチェルはレギュレーション最終盤にフリースロー2本目を落とすと、リバウンドを自ら奪ってスコアリングし、試合はオーバータイムに突入したわけだが、ブルズを指揮するビリー・ドノバンHCはオーバータイムに進むべきではなかったと感じている模様。

ドノバンHCによると、レギュレーション最後のフリースローからの一連のプレイで、ミッチェルはボールがリムに触れる前に動いていたという。ドノバンHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

明らかにバイオレーションだ。

彼はボールがリムにタッチする前にラインを踏み越えていた。

彼はパトリック・ウィリアムスをかわしたが、それは彼が早く動きすぎていたからだ。

ラスト2分間レポートが出たら、ラインを越えていたことが明らかになると思う。

少なくとも映像を見た限り、パトリックが彼をボックスアウトするのは難しかった。

なぜなら、彼はリムがボールにタッチする前にフリースローラインを踏み越えていたからね。

あれはバイオレーションだ。

もし僕が間違っていたら謝罪する。

だが、ルールは明らかであり、ラスト2分間レポートを見てみよう。

NBAは現地3日、各試合のラスト2分間レポートをリリースした。

ドノバンHCの指摘通り、ミッチェルはボールがリムに触れる前にフリースローラインを踏み越えており、バイオレーションだったと判断された。

だが、試合の結果が覆ることはない。

ドノバンHCとブルズの選手たちは勝てた試合を落としたことに不満を抱えながらも、次の試合に集中することだろう。

【スポンサーリンク】

コメントを残す