【スポンサーリンク】

レジー・ジャクソン「ポール・ジョージが僕を救ってくれた」

レジー・ジャクソン「ポール・ジョージが僕を救ってくれた」

ベテランガードのレジー・ジャクソンは、ロサンゼルス・クリッパーズにおいて重要な選手のひとりだ。

NBAスターのポール・ジョージが長期離脱を強いられ、カワイ・レナードが全休した昨季において、ジャクソンが重要な役割を担ったのは間違いないだろう。

だが、デトロイト・ピストンズ時代は怪我にも苦しめられ、十分なパフォーマンスを発揮することができなかった。

ジャクソンによると、ピストンズからウェイブされた後、クリッパーズとの契約に一役買ったジョージがいなければ、NBAを引退していたという。

ジョージ主催のキャンプに参加したジャクソンは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

(ピストンズ時代の終盤は)自分自身に本当に疑問を持ち始めていた。

自分の愛するものから楽しみを奪うようなことは、誰にもさせてはならない。

僕は本当に引退するつもりだった。

僕の生命線、ここにいるブラザーが僕を救ってくれたんだ。

ジャクソンは以前、行き場を失った彼を拾ってくれたクリッパーズに感謝の言葉を送った。

元NBAオールスターポイントガードのジョン・ウォールを獲得したクリッパーズがジャクソンをどう起用するかはまだ分からないが、ジャクソンは恩人のジョージとクリッパーズのために最善を尽くすことだろう。

なお、ジャクソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数75703
平均出場時間31.225.6
平均得点16.813.1
平均リバウンド3.63.0
平均アシスト4.84.3
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー2.31.9
FG成功率39.2%42.4%
3P成功率32.6%34.5%
フリースロー成功率84.7%85.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA