【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがジャバリ・スミスJrとのやり取りについて「そう言われると年をとった気分になる」

レブロン・ジェイムスがジャバリ・スミスJrとのやり取りについて「そう言われると年をとった気分になる」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、現地16日に行われたヒューストン・ロケッツ戦で48得点、8リバウンド、9アシストと支配力あるプレイを見せ、チームを勝利に導いた。

この日は2022年NBAドラフト3位でロケッツに入団したジャバリ・スミスJrと初めて対戦。

スミスJrは試合中、ジェイムスに「君は僕の父と対戦したことがある。君のファーストNBAゲームだ。サクラメント。年とったと感じるだろ?」と伝えると、ジェイムスも驚いた様子で反応した。

ジェイムスはロケッツ戦を終えた後、スミスJrとのやり取りについて質問されると、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

ジュニアにそう言われた時、年をとったと感じた。

ポストゲームインタビューでも言ったが、このゲームをプレイすることができ、いろんな世代と接することができるなんて本当に恵まれている。

今夜はケニオン・マーティンJrもコートにいた。

彼の父とも対戦したことがある。

ゲイリー・トレントSr、僕は彼の息子とトロントで戦った。

ゲイリー・ペイトンと彼の息子。

時間の試練に耐え、父と子のコンビネーションと戦うことができるなんて面白いよね。

この日はジャバリ・スミスSrが息子の試合をコートサイドで観戦し、試合後にジェイムスとハグを交わした。

それにしてもジェイムスが世代をまたいでなおNBAトップレベルのパフォーマンスを維持できていることに驚くばかりだ。

ジェイムスは年をとったと感じたというが、息子ブロニー・ジェイムスがNBA入りした時に喜びを感じるとともに、年を取ったことを再び痛感するに違いない。

なお、ロケッツ戦のジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

ロケッツ戦
出場時間35:51
得点48
リバウンド8
アシスト9
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー0
FG成功率61.5%
(16/26)
3P成功率50.0%
(5/10)
フリースロー成功率91.7%
(11/12)
+/-+19

【スポンサーリンク】

コメントを残す