【スポンサーリンク】

ウィル・バートンがトレードについて「ショックだった」

ウィル・バートンがトレードについて「ショックだった」

ウィル・バートンは7年半をデンバー・ナゲッツで過ごした後、トレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

ここ数年のバートンはスターターに定着していただけに、バートン自身もトレードされるとは思っていなかったのかもしれない。

バートンによると、ナゲッツからトレードされることを知った時はショックを受けたという。

バートンはトレードを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ただショックだった。

大きなショックではなかったがね。

僕はあの場所に8年間いたし、同じ場所に長くいると、そこを離れるのはショックを受けるものさ。

だが、それと同時に新たなチャンスとも思っている。

僕は新しい章を楽しみにしているんだ。

バートンの契約は来季が最終年だ。

つまり、来年夏は完全FAになるため、ウィザーズの一員として確かな結果を残し、次の契約につなげたいところだろう。

バートンにはウィザーズをNBAプレイオフ復帰に導き、素晴らしい新章を送ることを期待したいところだ。

なお、バートンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数71623
平均出場時間32.125.9
平均得点14.711.6
平均リバウンド4.84.3
平均アシスト3.92.7
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー1.81.4
FG成功率43.8%43.3%
3P成功率36.5%35.4%
フリースロー成功率80.3%78.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA