【スポンサーリンク】

9ターンオーバーのジェイソン・テイタム「馬鹿げている」

9ターンオーバーのジェイソン・テイタム「馬鹿げている」

昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスは現地4日にブルックリン・ネッツを下し、今季の成績をNBAトップの19勝5敗とした。

この日はNBAオールスターのジェイソン・テイタムが29得点、11リバウンド、4スティール、ジェイレン・ブラウンが34得点、10リバウンド、4ブロックショットを記録し、勝利に貢献。

その一方で、テイタムはチームの15ターンオーバーのうち9ターンオーバーをひとりで犯してしまった。

テイタムによると、9ターンオーバーのうちのいくつかは不運が重なったものだったという。

テイタムはネッツに勝利した後、ターンオーバーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

勝てて良かったよ。

9ターンオーバー?

馬鹿げている。

そのうちのいくつかはただボールを投げてアウト・オブ・バウンズになったものだ。

ボールは滑りやすかった。

僕がコーナーにいたアル(・ホーフォード)にパスした時、彼のショットはエアボールだったからね。

ただ、言い訳はできない。

明るい面は、9ターンオーバーを犯したのに僕たちが勝ったことだ。

もし負けていれば、ひどい気分になっていただろう。

ただ、こんなことをしょっちゅうやってはならないし、これ以上やってはならない。

今季のテイタムはNBAキャリアベストとなる平均30.7得点を記録するなど、相棒ブラウンとともにセルティックスを牽引するパフォーマンスを見せている。

テイタムに対するマークはますます厳しくなるだろうが、テイタムは解決方法を見つけ、セルティックスを勝利に導く仕事をすることだろう。

なお、ブラウンとテイタムの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

J・ブラウンJ・テイタム
出場試合数2223
平均出場時間35.836.9
平均得点27.030.7
平均リバウンド7.08.1
平均アシスト3.54.3
平均スティール1.01.0
平均ブロック0.51.0
平均TO3.22.7
FG成功率50.9%48.1%
3P成功率35.8%35.8%
FT成功率83.5%87.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す