【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがプレシーズンについて「コンディションを整えるためでもある」

レブロン・ジェイムスがプレシーズンについて「コンディションを整えるためでもある」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、現地3日に行われたサクラメント・キングスとのプレシーズンゲームでFG7本すべてミスした。

出場時間は15分程度に抑えたものの、今年38歳になるジェイムスのコンディションを懸念しているレイカーズファンは少なくないだろう。

だが、ジェイムスによると、プレシーズンゲームはコンディショニングの機会でもあるという。

ジェイムスはプレシーズンゲーム初戦のパフォーマンスを受け、次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

僕はレイアップを3本ミスした。

ワイドオープンのレイアップを外したし、3ポイントも何本かミスした。

僕は前にもFG0本だったことがある。

だが、出場時間はもっと長かった。

FG9本中0本でゲームをスタートしたこともある。

だが、35~40分はプレイした。

リズムを掴むチャンスがあった。

今夜は15分で終わってしまったが、僕の頭にあるのは決めるか外すかということなんだ。

(プレシーズンは)僕たちが先週取り組んだことを実践する最も簡単なゲームであり、機会になる。

だが、コートに立っている時は自分のリズムをチロ戻し、コンディションを整える機会でもある。

前半の僕たちはディフェンス面で素晴らしい仕事をしたと思うよ。

僕たちには連携があったし、互いに助け合っていた。

オフェンス面については、素晴らしいバスケットボールをプレイした。

ショットが何本か入らなかったとしても、正しいプレイをしていたんだ。

この日のレイカーズはビッグマンのトーマス・ブライアントとデイミアン・ジョーンズを同時に起用するなど、さまざまなラインアップを試しているようにも見えた。

おそらくプレシーズンを通してさまざまなことを試すと思われるが、ジェイムスがレイカーズの鍵を握っているのは間違いない。

ジェイムスが残りのプレシーズンでリズムを掴み、最高の状態でNBA2022-23シーズン開幕を迎えられることを願うばかりだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    プレシーズンはただの調整試合
    でも強いチームは調整でも勝つし、弱いチームは連敗しまくる

    コービーのプレミア時代から変わらんよ

*

CAPTCHA