【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「ヨーロッパのゲームはNBAよりハード」

ヤニス・アンテトクンポ「ヨーロッパのゲームはNBAよりハード」

この夏に開催されたFIBAユーロバスケットには、ヤニス・アンテトクンポやルカ・ドンチッチ、ニコラ・ヨキッチなど多くのNBA選手が出場した。

アンテトクンポ擁するギリシャ代表、ドンチッチ擁するスロベニア代表、ヨキッチ擁するセルビア代表はメダルを獲得できなかったが、彼らにとってユーロバスケットは国際ルールのバスケットボールの難しさを実感する大会となったのかもしれない。

アンテトクンポによると、ヨーロッパのゲームはNBAのゲームより難しいという。

アンテトクンポはユーロバスケットを振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

まず第一に、ヨーロッパのゲームはNBAのゲームよりハードだ。

(NBAを)軽視したいわけではないよ。

NBAにタレントが多いのは明らかだ。

だが、スペースの問題なんだ。

ドライブするためにはレーンをクリエイトしなければならないが、ヨーロッパのゲームではより強烈だ。

相手はフルコートで当たってくるし、ダブルチームを仕掛けてくるし、ラスト5秒はマンツーマンを仕掛けてくる。

よりフィジカルだ。

タレントが不足しているから、よりフィジカルにプレイしなければならないのかもしれない。

よりハードになった。

ヨーロッパでプレイすることにより、シーズンに向けて準備ができる。

あのペースでプレイし、セットオフェンスを使ってプレイし、狭いスペースでプレイすることは、僕の助けになるだろう。

これからNBAゲームだ。

NBAではすごくスペースがあるし、チームメイトたちのためにプレイをクリエイトできると思うよ。

NBAと比較して国際ルールのバスケットボールは3ポイントラインが近い。

アンテトクンポのようなインサイドを主戦場にしているNBA選手の場合、国際ルールの下でのバスケットボールはよりタフなゲームとなるのだろう。

アンテトクンポがユーロバスケットで学んだことをバックスに還元し、チーム力のアップにつながることを期待したいところだ。

なお、アンテトクンポのユーロバスケットでのスタッツは以下の通りとなっている。

ユーロバスケット
出場試合数6
平均出場時間28.3
平均得点29.3
平均リバウンド8.8
平均アシスト4.7
平均スティール1.5
平均ブロックショット0.8
平均ターンオーバー2.5
FG成功率56.6%
3P成功率20.0%
フリースロー成功率78.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA