【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが激戦のウェスタン・カンファレンスについて「どのチームのことも気にしていない」

ドレイモンド・グリーンが激戦のウェスタン・カンファレンスについて「どのチームのことも気にしていない」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地10日にボストン・セルティックスに快勝し、今季の成績を14勝13敗とした。

昨季NBAファイナルのリマッチを制したウォリアーズは、これを機に勢いに乗りたいところだろう。

今季のウェスタン・カンファレンスは首位のニューオーリンズ・ペリカンズから11位のミネソタ・ティンバーウルブズまでわずか5ゲーム差という大混戦になっているが、グリーンによると、ウォリアーズの選手たちはただ自分たち自身に集中しているという。

グリーンはセルティックスに勝利した後、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕はウェストのどのチームのことも気にしていない。

ウェストには良いチームが揃っている。

コーチ(スティーブ・)カーがいつも話しているように、適切な恐怖心を持って臨んでいる。

フェニックスはそういったチームのひとつだ。

2年前から皆に言い続けているが、僕はレイカーズを除外していない。

だが、ウェストのどのチームのことも気にしていない。

僕たちがA評価のゲームをすれば、どこにも負けないからね。

今季のウォリアーズは若手の成長が停滞し、それが成績につながっているとされているが、セルティックス戦ではジョナサン・クミンガが素晴らしいディフェンスを見せるなど、復調を予感させるパフォーマンスを見せた。

昨季のNBAファイナルリマッチを制したことは、ウォリアーズの選手たちに自信と勢いをもたらしたに違いない。

なお、現時点でのウェストの順位は以下の通りとなっている。

順位チーム成績ゲーム差
1ニューオーリンズ・ペリカンズ18勝8敗
2メンフィス・グリズリーズ17勝9敗1.0
3デンバー・ナゲッツ16勝10敗2.0
4フェニックス・サンズ16勝11敗2.5
5サクラメント・キングス14勝11敗3.5
6ポートランド・トレイルブレイザーズ14勝12敗4.0
7ロサンゼルス・クリッパーズ15勝13敗4.0
8ゴールデンステイト・ウォリアーズ14勝13敗4.5
9ユタ・ジャズ15勝14敗4.5
10ダラス・マーベリックス13勝13敗5.0
11ミネソタ・ティンバーウルブズ13勝13敗5.0
12ロサンゼルス・レイカーズ11勝15敗7.0
13オクラホマシティ・サンダー11勝15敗7.0
14サンアントニオ・スパーズ8勝18敗10.0
15ヒューストン・ロケッツ8勝18敗10.0

【スポンサーリンク】

コメントを残す