【スポンサーリンク】

トニー・パーカーがNBAファイナル敗退のセルティックスを激励

トニー・パーカーがNBAファイナル敗退のセルティックスを激励

NBAオールスターフォワードのジェイソン・テイタム擁するボストン・セルティックスは昨季、浮き沈みのあったレギュラーシーズンを乗り越えてNBAプレイオフに進出すると、ファーストラウンドでブルックリン・ネッツを、カンファレンスセミファイナルでミルウォーキー・バックスを、カンファレンスファイナルでマイアミ・ヒートを下し、NBAファイナル進出を果たした。

だが、ステフィン・カリー擁するゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れ、悲願のNBAタイトル獲得はならなかった。

サンアントニオ・スパーズで一時代を築いた元NBA選手のトニー・パーカーによると、セルティックスの選手たちにとってNBAファイナルで敗れたことは大きなモチベーションになるという。

パーカーは自身の経験に基づき、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕たちは2013年に(NBAファイナルで)敗れた。

それが2014年の結果につながったんじゃないかな。

NBA史上最高のファイナルのひとつだったかもしれないね。

2014年のスパーズは最高のバスケットボールをプレイしていたのかもしれない。

パッシングゲームやすべてのことにおいて、僕のキャリアの中で最も高いレベルだった。

すべては2013年のタフな敗戦から始まったんだ。

2013年のNBAファイナルはマイアミ・ヒートが4勝3敗で勝利。

その翌年も同じカードとなったものの、スパーズがリベンジを果たし、NBAタイトル獲得を達成した。

セルティックスのマーカス・スマートとテイタムは先日、NBAファイナル敗退を今も引きずり、ショックから完全に立ち直れていないことを明かしたが、来季が開幕する頃には大きなモチベーションに変えているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA