【スポンサーリンク】

ブランドン・ジェニングスがレブロン・ジェイムスとクリス・ポールを批判?

ブランドン・ジェニングスがレブロン・ジェイムスとクリス・ポールを批判?

現在のNBAでは選手がより大きな権力を握っているとされている。

それを象徴する例のひとつが、NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントがトレードを要求したことだろう。

デュラントは昨年夏にネッツと4年契約を結んだものの、チームに不満を持っているとし、延長契約締結からわずか1年後にトレードを要求したのだ。

元NBA選手のブランドン・ジェニングスは、選手が大きな力を持ちすぎてしまった今のNBAを快く思っていないのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ジェニングスは現在のNBAが「プレイヤーズリーグ」になってしまったと考えており、このような状況を変えるためにルールを変更する必要があるという。

また、プレイヤーズリーグにした選手として、「CP3(クリス・ポール)とブロン(レブロン・ジェイムス)だと思う」とした。

ジェニングスは、「選手にとって大金を得るのは重要なことだが、ゲームへの情熱が失われており、子どもたちはもはやゲームは見ない。ツイッターやインスタグラムでハイライトを見るだけだ」とも語った。

一方で、ポールとジェイムスへのフォローも忘れず、「彼らは自分たちの力でそのポジションを勝ち取った」明かしたというが、NBAにおいて選手が大きな力を握り始めたのは間違いないだろう。

NBAチームのオーナーたちもそれを良しとしておらず、次の団体交渉でルールの変更を話し合うと見られている。

とはいえ、少なくともそれまでは選手ファーストの状況が続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    は?
    ステフの親友なんだが?

  2. By 匿名

    大物じゃないと聞く耳を持たないんだね
    ダッサwww

  3. By 匿名

    キミは小物以下w

  4. By 匿名

    こんな小物の意見どうでも良い

*

CAPTCHA