【スポンサーリンク】

マリク・モンクがレイカーズとの減額契約に応じる?

マリク・モンクがレイカーズとの減額契約に応じる?

昨年夏にロサンゼルス・レイカーズと1年契約を結んだマリク・モンクは、間もなく完全FAになる。

レイカーズの一員として飛躍のシーズンを送ったモンクには多くのNBAチームが関心を持っており、オファーを出すだろう。

一方、レイカーズには十分なキャップスペースがないため、モンクとの契約レースにおいては不利な状況にあるが、モンクはレイカーズファーストの契約を検討しているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、モンクはFA市場について次のようにコメントしたという。

金は常に重要だ。

だが、今年の僕のFA市場においては金が最も大きなことではない。

僕にとって重要なのは、ホームであると感じ、コートに出て昨季と同じことをやることだ。

彼ら(レイカーズ)は僕が望むだけのサラリーを支払うことができないかもしれない。

だが、他のNBAチームから500万ドル以上多くもらったとしても、レイカーとして過ごす以上に快適ではないかもしれない。

だから、本当に僕を求めてくれるチームを見つけようとしているんだ。

モンクの兄によると、モンクはレイカーズファーストの契約を受け入れることを検討しているものの、FA市場ですべてのオプションを選択肢に入れるという。

「ホームであること」と「十分な出場機会を得られること」というモンクの望みは、昨季中から一貫している。

レイカーズはモンクを高く評価し、再契約を願っているというが、果たしてモンクに誠意を示して納得させることができるだろうか?

なお、モンクの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数76309
平均出場時間28.120.4
平均得点13.8
(キャリアハイ)
10.3
平均リバウンド3.4
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.9
(キャリアハイ)
2.0
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.61.3
FG成功率47.3%
(キャリアハイ)
42.4%
3P成功率39.1%35.5%
フリースロー成功率79.5%
(キャリアワースト)
83.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アゼリアちゃんとデートしたいだけだろw

*

CAPTCHA