【スポンサーリンク】

イマニュエル・クイックリーが起用法に不満?トレードを望む?

イマニュエル・クイックリーが起用法に不満?トレードを望む?

ニューヨーク・ニックスのイマニュエル・クイックリーは、NBAキャリア3年目となる今季もセカンドユニットの一員としてプレイしている。

だが、先発ポイントガードのジェイレン・ブランソンとRJ・バレットが怪我で離脱すると、指揮官のトム・ティボドーHCはクイックリーをスターターに抜擢。

クイックリーは先発出場したここ3試合で平均25.3得点、9.7アシスト、1.7スティールを記録するなど好パフォーマンスを見せているが、ブランソン復帰後は再びセカンドユニットに戻されるだろう。

しかし、クイックリーはそれを望んでいないのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、クイックリーは自身を先発ポイントガードとして見ており、先発ポイントガードに抜擢されて覚醒したフィラデルフィア・セブンティシクサーズのタイリース・マキシーを見て、「彼にはチャンスがあるのに僕にはない」と感じているという。

また、クイックリーが自身を先発ポイントガードとして見ている一方で、ティボドーHCはクイックリーをコンボガードとして見ている。

クイックリーは同じ2020年NBAドラフト組であるマキシーのようにメインのボールハンドラーのひとりとなり、よりオフェンスに関わりたいと思っているのかもしれない。

もしクイックリーが現状に不満を持ち、トレードを要求した場合、ニックスはおそらく相当な資産とのトレードを求めるだろう。

ブランソンとバレットが復帰した後、多くのNBAチームがクイックリーとニックスの状況をモニターすることになりそうだ。

なお、クイックリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数37179
平均出場時間25.522.3
平均得点11.7
(キャリアハイ)
11.4
平均リバウンド3.9
(キャリアハイ)
3.0
平均アシスト3.42.9
平均スティール1.0
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー1.31.2
FG成功率40.3%
(キャリアハイ)
39.5%
3P成功率33.1%
(キャリアワースト)
35.8%
フリースロー成功率84.4%
(キャリアワースト)
87.7%

【スポンサーリンク】

コメントを残す