【スポンサーリンク】

最もネガティブなツイートをされているNBA選手は?

NBAを代表するスター選手たちは称賛されると同時に、たくさんの批判も浴びている。

ここ数年で言えば、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングとベン・シモンズ、ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックが最たる例と言えるだろう。

だが、ファンに最も負の感情を与えているのは彼らではないのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ネガティブなツイートの割合が多かったNBA選手は、1位がボストン・セルティックスのマーカス・スマート(41.03%)、2位がゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーン(38.27%)、3位がマイアミ・ヒートのバム・アデバヨ(37.33%)、4位がアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング(37.24%)、5位がヒートのジミー・バトラー(36.7%)だという。

彼らは強気の姿勢を崩さず、自身の意見を率直に口にするタイプの選手だ。

その反動でネガティブなツイートをされることが多いのかもしれない。

一方、ランキングに入らなかったアービングやシモンズ、ウェストブルックについては、アンチは多いものの、彼らをサポートしているNBAファンも少なくないのだろう。

なお、スマートはフロッピングで、グリーンはジョーダン・プールに対するパンチで、ヤングはニックスファンに対する言動でネガティブなツイートを集めたと見られているが、アデバヨとバトラーについては彼ら個人というよりヒートに対するネガティブなツイートが多い可能性があると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA