【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチがボールを持った時のファーストアクションは?「まずリング下を見る」

ルカ・ドンチッチがボールを持った時のファーストアクションは?「まずリング下を見る」

ダラス・マーベリックスのNBAオールスター、ルカ・ドンッチは今季、平均34.2得点、8.7リバウンド、8.9アシスト、1.7スティールと驚異的なスタッツを記録している。

特に主力選手たちが怪我で離脱したここ最近の活躍は目覚ましく、6連勝中のうち3試合で50得点以上を記録。

現地27日のニューヨーク・ニックス戦では60得点、21リバウンド、10アシストとNBAの歴史に残るトリプルダブルを達成した。

そのドンチッチがオフェンスを展開する上で重要な秘訣を明かした模様。

ドンチッチによると、ボールを持ったらまずリング下に誰がいるかを確認するという。ドンチッチのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕の秘密をすべて話させるつもりか?

僕がまずやるのは、リング下に誰がいるか見ることだ。

ビッグなのか、それともスモールなのかを見る。

そして、すでにチームメイトがペイントエリア内にいる場合、そこから出ていかなければならないかを考える。

もし彼がアウトサイドにいる場合、彼はペイントエリア内に入らなければならない。

僕はまずその2つを考える。

それからディフェンスが僕に対してどう仕掛けてくるかを見るんだ。

NBAオールスターのケビン・デュラントは、ダブルチームを仕掛けられてもゲームを支配できる理由について「相手のコーチにアジャストしてプレイする」ことを挙げた。

デュラントと同じようにドンチッチもダブルチームを仕掛けられるNBAスターだが、彼らには優れた判断力があるからこそゲームを支配できているのかもしれない。

ドンチッチの驚異的なパフォーマンスもあり、マブスは現在6連勝中と絶好調。

ドンチッチはこれからもチームメイトを巻き込みながらゲームを支配し、マブスに勝利をもたらすだろう。

なお、ドンチッチのここ6試合のスタッツは以下の通りとなっている。

過去6試合
平均出場時間39.6
平均得点42.2
平均リバウンド10.8
平均アシスト10.2
平均スティール2.5
平均ターンオーバー3.3
FG成功率58.7%
3P成功率46.7%
フリースロー成功率74.4%

【スポンサーリンク】

コメントを残す