【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがウィザーズ戦でファンからのトラッシュトークをモチベーションに変える「僕が怖がっているとでも?」

ドレイモンド・グリーンがウィザーズ戦でファンからのトラッシュトークをモチベーションに変える「僕が怖がっているとでも?」

昨季NBA王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは先日ワシントン・ウィザーズに勝利し、今季の成績を22勝22敗とした。

この日のウォリアーズは第4Qでウィザーズを突き放し、勝率5割復帰に成功。

終始気を吐いたドレイモンド・グリーンによると、コートサイドにいたファンからのトラッシュトークがグリーンにさらなるモチベーションを与えたという。

グリーンはウィザーズ戦でのファンとのトラッシュトークを振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

(トラッシュトークが)必ずしも僕をうんざりさせるわけではない。

彼は試合中ずっと喋っていた。

だから特にうんざりすることもなかった。

彼は殿堂入りの話をしていた。

スコアリングの話をしていた。

僕に「君は怖がっている」と言ってきた。

それが何よりも僕を怒らせたと思う。

彼が「君は怖がっている」と言った時、僕は「怖だっているだって?」と返した。

僕はここでワシントン・ウィザーズと対戦している。

コートに立ってプレイしている。

僕が怖がっているだって?

なぜ僕がこのゲームを怖がるんだ?

月曜日の午後3時。

42試合目(実際は44試合目)。

ビッグゲームはおろか、全国放送さえされていない。

だから、あれが何より僕を怒らせたと思う。

あの男が言っているのをチームの全員が聞いていた。

コーチを含めて全員が、「ドレイモンド、彼を黙らせろ」という感じだった。

嫌気が差していたのは僕だけではなかったんだ。

全員が嫌気が差していたと思う。

彼はこう言い続けていた。

「君は殿堂入りすると思っているのか?そんなことは二度と言わないほうがいい」とね。

僕にそんなことを言うべきではない。

寝た子を起こしてしまったんだ。

彼は僕を放っておくべきだった。

感謝しているよ。

グリーンはスコアリング力があるNBA選手ではない。

だが、ファンからのトラッシュトークで火がついたのか、ウィザーズ戦では今季の平均7.9得点の2倍以上となる17得点を記録し、ウォリアーズの勝利に貢献した。

コートサイドで観戦する敵チームのファンは、グリーンを怒らすべきではないのかもしれない。

なお、グリーンのウィザーズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第3戦
出場時間35:12
得点17
リバウンド6
アシスト10
スティール3
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率71.4%
(5/7)
3P成功率66.7%
(2/3)
フリースロー成功率83.3%
(5/6)
+/--4

【スポンサーリンク】

コメントを残す