【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスの意外な出場試合数とは?

アンソニー・デイビスの意外な出場試合数とは?

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、怪我が多いNBAキャリアを送っている。

だが、ここ2年は長期離脱を伴う怪我を負い、レイカーズに十分貢献できていないことから、「見返りを得られるうちにADをトレードで放出すべき」という声も少なくない。

しかし、NBAを代表する他のスーパースターたちと比較すると、デイビスは十分にコートに立っていると言えるのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ここ3シーズンで見ると、デイビスが138試合に出場しているのに対し、ポール・ジョージは133試合、ステフィン・カリーは132試合、カワイ・レナードは109試合、カイリー・アービングは103試合、ケビン・デュラントは90試合の出場にとどまっているという。

デイビスは2020年のNBAタイトル獲得に貢献したものの、その翌シーズンから怪我による長期離脱を強いられている。

その落差があまりに大きいため、ネガティブなイメージを持たれているのかもしれない。

とはいえ、デイビスにとって来季が名声を取り戻す重要なシーズンになるのは間違いないだろう。

デイビスが大きな怪我のないシーズンを送り、レイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せてくれることを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By shoM

    怪我しない事も才能の1つ。
    それだけ。

*

CAPTCHA