【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポが王冠セレブレーションについて「レブロン・ジェイムスに向けてではなかった」

ヤニス・アンテトクンポが王冠セレブレーションについて「レブロン・ジェイムスに向けてではなかった」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、これから長くNBAを牽引するであろうスーパースターのひとりだ。

MIPやディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、MVP、オールスターMVP、ファイナルMVP、NBAチャンピオンと、あらゆる賞を勝ち取ってきたアンテトクンポ。

そのアンテトクンポが3年前、NBAファンから批判を浴びたことがあった。

アンテトクンポはロサンゼルス・レイカーズとの試合で3ポイントを連発した後、レブロン・ジェイムスのトレードマークである王冠を頭に被せるようなセレブレーションを披露したのだ。

当時は「レブロンを軽視している」などと批判されたというが、アンテトクンポが長い時を経て王冠セレブレーションについて説明した模様。アンテトクンポのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

レブロンに向けてやったわけではなかった。

僕のラストネームさ。

僕のラストネームは「王冠」の意味なんだ。

アンテトクンポのラストネームは「海を渡ってきた王冠」の意味だという。

残念ながらこのシーズンのNBAチャンピオンに輝いたのは「海を渡ってきた王冠」ではなく、ジェイムス擁するレイカーズだった。

だが、その翌シーズンはアンテトクンポ擁するバックスがNBAチャンピオンを勝ち取った。

NBAの王冠は今もジェイムスの手にあるが、いずれはアンテトクンポが受け継ぎ、ジェイムスのような偉大なNBAキャリアを歩むことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA