【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「ケビン・ガーネットとパトリック・ユーイングが合体したらジョエル・エンビード」

ドック・リバースHC「ケビン・ガーネットとパトリック・ユーイングが合体したらジョエル・エンビード」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、NBA2020-21シーズンのMVP候補のひとりだ。

今季からシクサーズを指揮するドック・リバースHCの下、チームは好スタートを切り、エンビード自身もオフェンスはもちろんディフェンスでも貢献している。

では、リバースHCはエンビードをどう見ているのだろうか?

リバースHCによると、エンビードは過去の2人の偉大なNBAプレイヤーの要素を併せ持っているという。

リバースHCはエンビードについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ケビン・ガーネットは4番だった。

私はパトリック・ユーイングと一緒にプレイした。

彼ら二人を合体したらエンビードになる。

なぜなら、彼は彼らの様子を少しずつ持っているからね。

今季8試合を消化した時点ではあるが、エンビードはNBAキャリアベストに迫るパフォーマンスを見せている。

3P成功率45.8%とアウトサイドショットの調子も良く、シクサーズ躍進の原動力になっていると言えるだろう。

ここ2年のNBAプレイオフでは辛い経験をしてきたエンビード。

今季は昨季までの汚名を返上すべく、NBAタイトル獲得へ向けて突き進んでもらいたい。

なお、エンビードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数8217
平均出場時間32.330.5
平均得点24.624.0
平均リバウンド11.811.5
平均アシスト3.33.1
平均スティール1.10.8
平均ブロックショット1.81.8
平均ターンオーバー3.13.5
FG成功率52.5%48.1%
3P成功率45.8%32.3%
フリースロー成功率73.3%79.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA