【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「レイカーズがアンソニー・デイビスの復帰を急ぐことはない」

ケンドリック・パーキンス「レイカーズがアンソニー・デイビスの復帰を急ぐことはない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、アンソニー・デイビスは、先日のデンバー・ナゲッツ戦で痛めていたアキレス腱を悪化させ、途中離脱した。

その後の検査でアキレス腱の悪化とふくらはぎの負傷が明らかになったデイビスは、少なくともオールスターブレイクまで復帰しない見込みだ。

だが、完全に回復しない限り、レイカーズはデイビスをNBAプレイオフも含めて欠場させるかもしれない。

元NBA選手のケンドリック・パーキンスによると、デイビスが長期離脱になる可能性があることをデイビスのエージェントを務めるリッチ・ポールが明かしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

聞いてくれ。

リッチ・ポールから電話があった。

彼はこう言っていた。

「誰もアンソニー・デイビスの復帰を急いでいないよ。彼の健康が第一。彼の復帰がポストシーズンの第1週か第2週に至るようなら、そういうことだ」とね。

それがアンソニー・デイビスの離脱期間の可能性だ。

彼らは怪我を深刻に受け止めていると言っていた。

なぜかは皆も分かっているのではないかな。

2シーズン前にケビン・デュラントに起こったことを振り返ってみよう。

皆が注意深くなるはずだ。

特にふくらはぎの損傷やアキレス腱付近の怪我であればね。

だから彼らはアンソニー・デイビスの復帰をまったく急いでいない。

彼が私に言ったのはそれがすべてだ。

パーキンスによると、デイビスに代わる男はどこにもおらず、レイカーズはオフシーズン中に獲得したデニス・シュルーダーとモントレズ・ハレルにスコアリングでの貢献を期待しているという。

ケビン・デュラントは2019年のNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルで右ふくらはぎを負傷し、離脱した。

MRI検査の結果、ふくらはぎの肉離れと診断されたものの、NBAファイナル第5戦で復帰。

だが、無理が祟ったのか右アキレス腱断裂という重傷を負ってしまった。

デイビスはレブロン・ジェイムスの後を引き継ぐスーパースターであり、長いNBAキャリアを考えると今無理をさせるべきではないだろう。

いずれにせよ、レイカーズにはデイビス不在の間をチーム一丸となって乗り切ってもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA