【スポンサーリンク】

マイルズ・ターナーのトレード獲得にウルブズとホーネッツが関心?

マイルズ・ターナーのトレード獲得にウルブズとホーネッツが関心?

インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナーには、トレードの噂が浮上している。

ペイサーズはターナーとドマンタス・サボニスというNBA屈指のビッグマンを2人抱えているが、ターナーとサボニスはプレイするエリアがほぼ同じであることから、ターナーには以前からトレードの噂がつきまとっていた。

ペイサーズはコーチ陣を変更するということもあり、ターナーをトレードで放出して心機一転来季を迎える可能性は十分あるだろう。

では、ペイサーズがターナーのトレードを決定した場合、ターナーはどのNBAチームのユニフォームを着てプレイするのだろうか?

talkbasket.netによると、NBAプレイオフ進出を逃したミネソタ・ティンバーウルブズとシャーロット・ホーネッツがターナーのトレード獲得を真剣に検討しているという。

ホーネッツは以前からインサイドの強化を必要としており、ガード陣とフォワード陣が揃っているところにNBA屈指のショットブロッカーであるターナーが加われば、戦力は大幅にアップするだろう。

なお、コディ・ゼラーとビスマック・ビオンボは、この夏にFAになる。

一方、ウルブズがターナーをトレードで獲得した場合、カール・アンソニー・タウンズとの棲み分けが気になるところだ。

とはいえ、タウンズはディフェンス時にアウトサイドに引き出されることが多く、インサイドのディフェンスが問題となっていたウルブズにとって、ターナーは大きなオプションとなるかもしれない。

なお、今年3月のトレード期限前にはホーネッツ、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズがターナーに関心を持っていたと報じられていた。

ターナーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数47389
平均出場時間31.028.6
平均得点12.612.7
平均リバウンド6.56.6
平均アシスト1.01.2
平均スティール0.9
(キャリアハイタイ)
0.7
平均ブロックショット3.4
(キャリアハイ)
2.2
平均ターンオーバー1.41.3
FG成功率47.7%48.7%
3P成功率33.5%35.2%
フリースロー成功率78.2%77.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA