【スポンサーリンク】

ブレイク・グリフィンのトレードは難しい?

ブレイク・グリフィンのトレードは難しい?

デトロイト・ピストンズと元NBAオールスターのブレイク・グリフィンは先日、移籍先が見つかるまでローテーションから外れることで合意した。

現在ピストンズはグリフィンのトレード先を探している段階だが、グリフィンをトレードで獲得したいと考えているNBAチームはないのかもしれない。

hoopshype.comによると、ピストンズはグリフィンのトレード先を当たっているものの、良い反応を得ることができていないという。

グリフィンが怪我が多い選手であり、安定して試合に出場することができていない。

かつ今季のサラリーは約3700万ドル、来季の契約(プレイヤーオプション)は3900万ドルと高額であることから、どのNBAチームもグリフィンのトレードに応じないと見られている。

もしトレードが実現しなければ、バイアウトも否定できない。

バイアウトでピストンズを離れることになれば、多くのNBAチームがグリフィンにオファーを出すと報じられている。

負傷離脱が多く、低迷し始めているグリフィンをファーストオプションとして起用するのは難しいだろうが、バックアッププレイヤーとしては大きな戦力になるだろう。

なお、グリフィンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数20642
平均出場時間31.334.7
平均得点12.3
(キャリアワースト)
21.4
平均リバウンド5.28.7
平均アシスト3.94.4
平均スティール0.70.9
平均ターンオーバー1.62.6
FG成功率36.5%49.5%
3P成功率31.5%33.1%
フリースロー成功率71.0%69.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA